フランス発・人生を二倍活きる方法

コーチングとティーチングの違いは?バイリンガル教育で使い分け

よっしー
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
よっしー
\日本人はもっと自分らしく生きて/ 精神的&経済的に自由になりたい人を応援。 慣れずモヤモヤした海外育児生活からコーチングに出逢い、人生が一転しました。 子供のバイリンガル教育にも力を入れ、電子書籍も出版しました。 あくまでママが本業なので育児優先で仕事しています。 累計コンサルは150人以上。 ブログとTwitterでは日仏比較の人生論、仏式子育て、子供がやる気を出す声がけなどについてつぶやいています。 あなたが自分らしく生きるのを応援致します!
詳しいプロフィールはこちら

フランス在住のライフワークコーチ、Yoshi(@YMallier)です。

最近、コーチングという言葉を聞くことがある人は増えてきたかと思うのですが、実際にそれが何かを説明するとなると、出来ない人が殆どかと思います。私もコーチングが良さそうとは思っていたのですが、でも実際に、それが何かと聞かれたら、なかなか説明が出来ませんでした。

しかし実際にコーチングを学んで、すごくコーチングにはまったんですね。コーチングはその人の可能性を最大限に引き出します。コーチングを学ぶと、自分がどんどん前向きになる事を感じました。また、コーチとしてクライアントと接していると、その思いもこちらに届いてくるんですね。

コーチングを色んな事に取り入れたら、色んな可能性が広がります。バイリンガル教育にもとても良いと思うのです。バイリンガル教育へのコーチングの取り入れ方や、コーチングとティーチングの違いについて書いていきますね。

 

コーチングとティーチングの違い

コーチングはその人にある可能性を引き出して、その人の能力を最大限生かしていくプロセスのことを言います。コーチというと、テニスのコーチとかがわかりやすくてなじみが深いかもしれませんね。コーチングはコーチが教えるというより、答えはクライアントの中にあるということで、とにかくそれを引き出すのをお手伝いするんですね。

一方、ティーチングというのは、学校などで先生が教える方法です。一方的に説明し、理解させるように外側から教えるのがティーチングになります。学校の先生は、基本的にはまだ習っていないことを子どもたちに教え、理解させるという方法をとって、勉強をさせます。

例えば、子供が日本語の勉強をやりたくないと言ったとし、ティーチングだと次のような回答になります。

子供「日本語の勉強がしたくないの」
親「日本語を勉強するのは●●にとっていいよ。頑張ってやろうよ」

親が導き、励ましていくのがティーチングです。対して、これがコーチングは対話をしつつ、本人の内側から可能性を引き出していきます。

子供「日本語の勉強をしたくないの」
親「日本語の勉強をしたくないんだね。どうしてそういう風に思うの?」
子供「だって僕はフランス語の勉強もしてるんだよ。××はフランス語の勉強しかしないのに、どうして僕ばっかりどっちもやらないといけないの?」
親「そうなんだね。じゃあ日本語を辞めたらどうなると思う?その日本語の勉強をしている分、フランス語をいっぱい勉強するようになるの?」
子供「・・・・。それは、どうだろ・・・。」
親「××は日本語を勉強をやめて、何をしたいの?」
子供「××ともっと遊ぶ時間が欲しいんだ」
親「じゃあ日本語の勉強をやる時間を決めて、その後に××と遊べたらそれでもいいってこと?」
子供「・・・うん、いいのかもしれない」
親「じゃあ、日本語の勉強をいつすることにしたいいかな?」
子供「うーん・・。土曜日の朝に勉強が終わったらお昼からなら遊べるかも」
親「じゃあ、それでやってみようか?」
子供「うん!」

と、これは、私が作った例ですが、このように対話をしながら本人の考えを紐解いてあげるのがコーチングになります。

コーチングのメリット・デメリット

コーチングのメリットはコーチがクライアントの可能性を引き出すので、クライアントのやる気を出すことが出来るという点があります。また、クライアントがモヤモヤして、何か進みたいんだけどどうしていいかわからないというときに、コーチと話すことによって、前向きになる事が出来ます。

コーチングはあくまで答えはクライアントの中にあると言う前提で、話をします。そのため、デメリットとしては、クライアントがコーチにどうにかしてもらおうと思うようなタイプだと成果が出ません。自分でどうにかしたい!がんばって変わりたいと思えないタイプはコーチングをしても意味がないのです。

 

ティーチングのメリット・デメリット

ティーチングのメリットとしては、自分の中に答えがあるわけではないので、何か自分で行動が出来ないタイプだと、教えてもらって動けるので、良いです。

ただ、デメリットとしては、周りから一方的に意見をもらう形になるので、自分の思いと裏腹な意見をもらうということもあります。

 

バイリンガル教育へのコーチングのすすめ

私はもともと、コーチングに興味があったのは、自分でビジネスをするようになったからでした。自分で色々とやると、うまくいってもいかなくても、自己責任になります。そのうまくいかないときに、あーダメだってマイナスに考えることが増えてきて、自分で対処できるようになりたいと思ったのがきっかけでした。

最初はコーチングで起業するということは全く思ってなかったんです。でも、コーチングを学び始めて、自分の考えがどんどん変わっていき、この考え方をもっと広めたいと思うようになったんです。

バイリンガル教育にコーチングの思考がいいと思ったのは、それからでした。周りでバイリンガル教育がうまくいかないって話している日本人ママと話す機会が何度かありました。

コーチングをさせてもらって思ったのが、子供に何となく日本語で話しかけたり、日本語の読み書きをさせたりはするのですが、その芯が少し緩いため、子供が日本語の勉強が嫌になったりすると、ママの方が「あれ、どうしよう?」と気持ちが揺らいでいるパターンが多いです。

日本語を教える部分は、ティーチングの要素も必要なのですが、やる気を引き出すのはコーチング的用法で子供に接するのがおすすめです。ぜひ使い分けてみてください☆

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

バイリンガル教育の無料メルマガ始めました。

今なら子供と一緒に夢を叶える方法を見つける為のワークシートと

子供をやる気にする会話集をプレゼント🎁

まだ登録していない方は・・・ >>>> こちら からどうぞ!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

皆さんで交流出来る場があったらいいなと思い
世界中のママが集まる参加無料のfacebookページを作りました!

興味がある方の参加は・・・ >>>> こちら からどうぞ!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

質問のある方は
LINE@でどうぞ★

LINE@アカウントはこちら
@jdu6259l

Twitter : https://twitter.com/YMallier

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

\【無料メールレター】人生を二倍活きる方法/

◎オンリーワンのライフワークの作り方を順番に解説
◎自分の本当のあり方を見つける方法を紹介
◎強みの見つけ方や向き合い方を説明
◎何かを始めたいけど動けない人へロックを外す方法を解説
◎自分の幸せを考える方法を紹介
◎強み発掘やTwitterのプロフィール添削などの企画を配信

 

この記事を書いている人 - WRITER -
よっしー
\日本人はもっと自分らしく生きて/ 精神的&経済的に自由になりたい人を応援。 慣れずモヤモヤした海外育児生活からコーチングに出逢い、人生が一転しました。 子供のバイリンガル教育にも力を入れ、電子書籍も出版しました。 あくまでママが本業なので育児優先で仕事しています。 累計コンサルは150人以上。 ブログとTwitterでは日仏比較の人生論、仏式子育て、子供がやる気を出す声がけなどについてつぶやいています。 あなたが自分らしく生きるのを応援致します!
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© ヨシコーチング , 2018 All Rights Reserved.