フランス発・人生を二倍活きる方法

バイリンガル子育てでやってはいけない6つの事!成功させるコツは?

よっしー
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
よっしー
\日本人はもっと自分らしく生きて/ 精神的&経済的に自由になりたい人を応援。 慣れずモヤモヤした海外育児生活からコーチングに出逢い、人生が一転しました。 子供のバイリンガル教育にも力を入れ、電子書籍も出版しました。 あくまでママが本業なので育児優先で仕事しています。 累計コンサルは150人以上。 ブログとTwitterでは日仏比較の人生論、仏式子育て、子供がやる気を出す声がけなどについてつぶやいています。 あなたが自分らしく生きるのを応援致します!
詳しいプロフィールはこちら

フランス在住のライフワークコーチ、Yoshi(@YMallier)です。

海外在住でバイリンガルの子育てをしようとすると、何をしたらいいのか、何をしたらいけないのか、わからなくなることってありませんか?

なんとなくバイリンガルの子育てをしたいとは思っているんだけど、バイリンガル教育があいまいになってしまっている方も多くいるんじゃないかと思います。

そんなアナタのために、バイリンガル子育てをする上で、やってはいけないことについて説明します!

 

2つの言語を混ぜて話す

子供が赤ちゃんの時は、アナタは一方的に子供に話しかけています。

そんな時に子供に2つ以上の言語を混ぜて話すのは絶対にやめましょう。

例えば「このおもちゃでPLAYする」とか「みかんをEATする」のような文です。

子供は小さい頃から2つの言語を聞いていると、自分で自動的にそれらの言語を使い分けるようになります。

そのためには、この人は日本語で、この人は英語、のように子供自身が自分の中で自動的に使い分けが出来る状態を作らせるようにしなければなりません

その過程において、親の方が2つの言葉を混ぜた文で話しかけてしまうと、子供も混乱してしまい、うまく使い分けが出来なくなってくるのです。

それを避けるために、子供に話しかけるときは、言語の担当をきちんと決めて、パパは英語、ママは日本語を言う風にしたら、その言語だけを使うようにしましょう

 

 

日本について語らない

ワタシのように、フランスなど海外に住んでいると、当たり前ですが周りは外国人ばかりだという環境になります。

日本への一時帰国も、年に1度だったり、あるいは数年に1度という方が多いのではないでしょうか。

そんな環境で育っている子供にとって、日本はとても遠い存在で、未知の国だという子も多いはずです。

そういう子供に「日本語を勉強しよう」ということだけを伝えても「どうして?」と思う子も少なくないかと思います。

日本について全く知らない子供に、日本のことを語らずに日本語だけを教えるというのは、なかなか難しいものがあります。

まずは子供に、日本の良さや日本の文化を伝えるようにしましょう

大きくなったら「日本ではこういう時にはこうするよ」という説明をすればいいですが、小さいうちは、日本の童謡を一緒に歌ってみたり、昔話を聞かせたり、とにかく一緒に楽しむようにしてみてください!

アナタにとって日本が身近だったら、子供にも自然とお話が出来るはずです。まずはアナタが日本を好きだと思うようにしてみてください。

 

子供に外国語で話しかける

英語やフランス語など、住んでいる国の言葉があまり得意でない場合は良いのですが、自分の言葉が上達してくると、日本語で話すより、その言葉を使った方が早いと思って、そちらを使いだす人がいます。

実際に私が以前日本語を教えていた、フランス生まれ、フランス育ちの日仏ハーフの女の子の話をしてみます。彼女は、6歳ごろまで母親がフランス語があまり話せず、母親と日本語で会話をしていたそうなのです。しかし、それ以降は母親がフランス語が上手になり、またその子自身も学校でフランス語で勉強するようになり、日本語よりフランス語の方が上手になったため、それ以降はフランス語で会話をするようになりました。

毎年夏休みは2か月単位で日本に帰国していたそうですが、ワタシの授業を受けに来ていた26歳の時には、日本語は片言でしか話せず、ひらがなも全部は覚えていない状態でした。

バイリンガル子育てで、子供に日本語を教えることは難しくありません。しかし小さい時に話せていても、使う環境がなくなればすぐに忘れてしまいます。そのため、日本語で話しかけると決めたなら、外国語は使わずに、徹底するようにしましょう。

 

外国語を話す子供をそのままにしておく

子供がある程度大きくなり、2つの言語を理解してきて言葉を発するようになってくると、子供自身が自分の中で使える言葉を混ぜて「APPLEが食べたい」というような話し方をして来たり、パパは英語、ママは日本語と決めて話しかけているのに、ママに英語で話しかけてくるということがあります。

その場合はそのままにせずに、毎回、「APPLEというのはリンゴのことだよ!」と教えてあげるようにしましょう。

子供が語彙力が少ないです。

海外に住んで子供に日本語を教えるとなると、ますます日本語の語彙数が少なくなってしまいます。

そのため、教えることの出来る機会があれば、どんどん新しい言葉を子供に教えてあげるようにしましょう。

また、子供が自分の中で英語と日本語が混ざってしまい区別が出来ていない可能性もあるので、きちんとそれらを区別させるためにも、毎回直してあげると安心ですね。

 

日本語に触れる時間を作らない

外国に住んでいると自分で意識しない限り日本の文化を見ることもなければ、日本語に触れることもありません。

子供が日本語を学べるような学校や習い事をさせない限り、子供が自分で日本語を勉強し始めることはないのです。

そのため、海外で子供をバイリンガルで子育てしたいと思ったら、日本語を勉強させる環境を作る必要があります。

日本語に触れる時間がないと、子供にとって日本語はどんどん遠い存在になってしまいます。

アナタがきちんと子供が日本語に触れることの出来る時間を作るようにしましょう。

 

日本語の勉強を嫌がる子供の意思を尊重する

海外でバイリンガルの子育てをしようと決めて、いざ日本語で接していたとしても、子供が日本語の勉強を嫌がるときはあります。

ここで無理やり、怒って日本語の勉強をさせても、ますます子供が嫌がる一方です。

しかし、だからと言って、その気持ちをあまりに尊重しすぎて、すぐに日本語の勉強をやめさせてしまったら、子供はバイリンガルにならなくなってしまいます。

子供が日本語の勉強を嫌がった場合は、なぜ嫌なのかということをしっかりと聞いてみるようにしましょう。

子供が何か不満を行ったときに、子供が言ったことを繰り返してみるというのは、結構効果があります。

不満を聞きながら、じゃあどうすれば満足なのか?ということを、一緒に考えてみるのです。

ワタシの長女も、日本語の勉強を嫌がることがありました。

あまりに泣くので、彼女の言うことを繰り返してみた後に「じゃあもう勉強はやめたいの?」と聞いてみると、「そうではない」と答えるのです。

「じゃあ何が嫌なの?」と聞いてみたら、長女はもう小学校で、漢字も読解もするので沢山勉強の時間が必要なのですが、次女はまだ日本で言うと年少なので、読み書きもほとんどできません。

つまり、長女にとって、自分だけ勉強しないといけないということが嫌なようでした。

結局、長女が勉強しているときは、次女にも横で何かさせるということで落ち着きました。

このように、嫌ということの裏には、実際に勉強自体が嫌なのか、本当は違うことが嫌なのかによって、全く対応が異なってきます。

子供が日本語の勉強が嫌だというからと言って、すぐに子供の考えを尊重するのではなく、まずはしっかりと子供と向き合って話をするようにしてください。

 

まとめ

バイリンガル子育てでやってはいけないことについてまとめてみました。

  • 2つの言語を混ぜて話す
  • 日本について語らない
  • 子供に外国語で話しかける
  • 外国語を話す子供をそのままにしておく
  • 日本語に触れる時間を作らない
  • 日本語の勉強を嫌がる子供の意思を尊重する 

子供の頭はスポンジのようなので、教えれば教えるほどどんどん吸収して理解していきます。しかし努力をしないと忘れるのも早いです。

この小さな積み重ねが、大きくなってからのバイリンガル子育てに差をつけます!子供をバイリンガルで子育てすると決めたならきちんと徹底して行うようにしてみてください。

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

バイリンガル教育の無料メルマガ始めました。

今なら子供と一緒に夢を叶える方法を見つける為のワークシートと

子供をやる気にする会話集をプレゼント🎁

まだ登録していない方は・・・ >>>> こちら からどうぞ!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

皆さんで交流出来る場があったらいいなと思い
世界中のママが集まる参加無料のfacebookページを作りました!

興味がある方の参加は・・・ >>>> こちら からどうぞ!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

質問のある方は
LINE@でどうぞ★

LINE@アカウントはこちら
@jdu6259l

Twitter : https://twitter.com/YMallier

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

\【無料メールレター】人生を二倍活きる方法/

◎オンリーワンのライフワークの作り方を順番に解説
◎自分の本当のあり方を見つける方法を紹介
◎強みの見つけ方や向き合い方を説明
◎何かを始めたいけど動けない人へロックを外す方法を解説
◎自分の幸せを考える方法を紹介
◎強み発掘やTwitterのプロフィール添削などの企画を配信

 

この記事を書いている人 - WRITER -
よっしー
\日本人はもっと自分らしく生きて/ 精神的&経済的に自由になりたい人を応援。 慣れずモヤモヤした海外育児生活からコーチングに出逢い、人生が一転しました。 子供のバイリンガル教育にも力を入れ、電子書籍も出版しました。 あくまでママが本業なので育児優先で仕事しています。 累計コンサルは150人以上。 ブログとTwitterでは日仏比較の人生論、仏式子育て、子供がやる気を出す声がけなどについてつぶやいています。 あなたが自分らしく生きるのを応援致します!
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© ヨシコーチング , 2018 All Rights Reserved.