フランス発・人生を二倍活きる方法

バイリンガルの意味は?大人になってからもバイリンガルになれる?

よっしー
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
よっしー
\日本人はもっと自分らしく生きて/ 精神的&経済的に自由になりたい人を応援。 慣れずモヤモヤした海外育児生活からコーチングに出逢い、人生が一転しました。 子供のバイリンガル教育にも力を入れ、電子書籍も出版しました。 あくまでママが本業なので育児優先で仕事しています。 累計コンサルは150人以上。 ブログとTwitterでは日仏比較の人生論、仏式子育て、子供がやる気を出す声がけなどについてつぶやいています。 あなたが自分らしく生きるのを応援致します!
詳しいプロフィールはこちら

フランス在住のライフワークコーチ、Yoshi(@YMallier)です。

海外に住んでいると、バイリンガルという言葉をよく聞きます。しかし、バイリンガルというのは正確に言うとどういうことなのでしょうか。

あなたは、なんとなくバイリンガル教育が良さそうな気がするんだけど、でもなぜかと言われたらよくわからないって思っていませんか?

バイリンガル教育をすることによってメリットはありそうだけど、デメリットはないのか、それらもまとめて説明します!

 

バイリンガルの意味 

バイリンガルとは、英語でBilingualと書きます。広辞苑によると、バイリンガルの意味は次のように書かれています。

2言語を併用すること。2言語を併用する人。

2言語を併用するというのは、2つの言語を使う能力がある人のことを言います。ちなみに、小さい頃からの2言語に触れる環境で育って、バイリンガルになる事が出来ます。

また、大人になって英語の勉強をして、英語を自由自在に使えるようになり、バイリンガルになることも可能です。

一方、バイリンガルという言葉は、環境で使われることも多いようです。例えばあなたが、アメリカに住んでいる日本人家庭だとして、家庭内は日本語、外では英語を使って生活をしているとしたら、それはバイリンガルの環境だという風に言えます。

バイリンガルの難しいところは、バイリンガルが努力をしないとすぐに崩れてしまうということです。

例えば子供が数年アメリカに住んだ後に、日本に引っ越したとしたら、努力をし続けないと英語力を維持するのが難しくなるからです。

 

バイリンガルのレベル

一般的にバイリンガルと思われる言葉には、いくつかの種類があります。下に説明してみますね。

 

流ちょうに意思疎通の取れる会話ができるレベル

どちらの言語も流ちょうに意思疎通が取れる会話ができるレベルです。こちらは流ちょうなので、カタコトの場合はバイリンガルとは言えません。

これは、小さい時から2つの言語で家庭内で会話をしたり、2言語に常に触れる環境で育つと、かなり簡単に身に付けることが出来ます。

その場合は小学校に入るまでには、バイリンガルにすることが可能でしょう。

ただ、そのレベルで止めてしまうと言葉のレベルとしては、少し幼い印象です。バイリンガルのハーフの子で、会話はきちんとできるのだけど、日本語の敬語がきちんと使えないという子が結構いますが、そういう風になる可能性も多いです。

 

流ちょうに会話ができ、読み書きも出来る

読み書きまでさせようとすると、きちんと継続的に勉強をさせるなどのフォローがかなり必要になってきます。読み書きにもレベルがあり、ひらがな・カタカナと簡単な漢字がわかる、きちんと文章も書けるなど、様々です。

 

流ちょうな会話と読み書きが出来、文化についても理解している

日本で日本人として学校に通い、日本の教育を受けている私たちは、日本語の読み書きだけではなく、日本に文化についてもきちんと理解しています。

こちらのレベルだと、2つの言語で同じように話すだけではなく、読み書きと文化まで理解しているということになります。かなり難易度が高いので、このレベルまで達しているバイリンガルは少数でしょう。

ちなみにうちの日仏ハーフの子供たちが現在どういう状態かというと、上の子は日本でいう小学生1年生で、フランス語はネイティブ、日本語に関しては現在漢字も勉強中で、読み書きまでできるように頑張っている最中、下の子は年少で、まだ字はわからないけど、話すのは完璧にバイリンガルになっています。

バイリンガルは1日にしてならず。ここからどのレベルまで進めるかというと、今後の努力次第と言えるでしょう。

 

大人になった後にバイリンガルになれるか?

大人になった後に、頑張って勉強して、第二言語として外国語をマスターすることは可能です。バイリンガルになれるかというと、それはレベルによるかなと思います。

バイリンガルにはレベルがあると言いましたが、話すだけならだいぶ取り組みやすいです。

ただ、やはり小さい時から始めるのとは違い、アクセントがやはりネイティブとは違ったり、語彙力が少ないということはあるかもしれません。しかし、それも、努力次第ではカバーすることが可能です。

私はフランス人に日本語を教えていますが、全く言葉がわからない子供に日本語を教えるのと、すでに一つの言語が確定している大人に日本語を教えるのではアプローチ方法が違います。ただ、どちらも一長一短と言えます。

 

まとめ

バイリンガルの意味について説明しました。バイリンガルは2つの言語を自由自在に使うことのできる人のことですが、バイリンガルにもレベルがあります。

もし、あなたが子供をバイリンガルにしたいと思うのでしたら、どのレベルまで行きたいかと考えて取り組むと、わかりやすくていいでしょう。ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

バイリンガル教育の無料メルマガ始めました。

今なら子供と一緒に夢を叶える方法を見つける為のワークシートと

子供をやる気にする会話集をプレゼント🎁

まだ登録していない方は・・・ >>>> こちら からどうぞ!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

皆さんで交流出来る場があったらいいなと思い
世界中のママが集まる参加無料のfacebookページを作りました!

興味がある方の参加は・・・ >>>> こちら からどうぞ!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

質問のある方は
LINE@でどうぞ★

LINE@アカウントはこちら
@jdu6259l

Twitter : https://twitter.com/YMallier

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

\【無料メールレター】人生を二倍活きる方法/

◎オンリーワンのライフワークの作り方を順番に解説
◎自分の本当のあり方を見つける方法を紹介
◎強みの見つけ方や向き合い方を説明
◎何かを始めたいけど動けない人へロックを外す方法を解説
◎自分の幸せを考える方法を紹介
◎強み発掘やTwitterのプロフィール添削などの企画を配信

 

この記事を書いている人 - WRITER -
よっしー
\日本人はもっと自分らしく生きて/ 精神的&経済的に自由になりたい人を応援。 慣れずモヤモヤした海外育児生活からコーチングに出逢い、人生が一転しました。 子供のバイリンガル教育にも力を入れ、電子書籍も出版しました。 あくまでママが本業なので育児優先で仕事しています。 累計コンサルは150人以上。 ブログとTwitterでは日仏比較の人生論、仏式子育て、子供がやる気を出す声がけなどについてつぶやいています。 あなたが自分らしく生きるのを応援致します!
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© ヨシコーチング , 2018 All Rights Reserved.