フランス発・人生を二倍活きる方法

第一言語と第二言語はどうする?バイリンガル教育での選択の必要性

よっしー
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
よっしー
\日本人はもっと自分らしく生きて/ 精神的&経済的に自由になりたい人を応援。 慣れずモヤモヤした海外育児生活からコーチングに出逢い、人生が一転しました。 子供のバイリンガル教育にも力を入れ、電子書籍も出版しました。 あくまでママが本業なので育児優先で仕事しています。 累計コンサルは150人以上。 ブログとTwitterでは日仏比較の人生論、仏式子育て、子供がやる気を出す声がけなどについてつぶやいています。 あなたが自分らしく生きるのを応援致します!
詳しいプロフィールはこちら

フランス在住のライフワークコーチ、Yoshi(@YMallier)です。

子供にバイリンガル教育をしていると、悩みが沢山出てきますね。その中で、第一言語をどっちにするのがいいのかという悩みをいただきました。

海外に住んでいて、第一言語を日本語にするか英語にするか迷っています。バイリンガルにする場合は、どちらが良いのでしょうか?

子供にバイリンガル教育をしようと思ったら、子供は小さい頃から2か国語以上に触れることになります。あなたが子供をバイリンガルにしたいと思ったなら、第一言語は決めた方がいいです。第一言語をあいまいにしてしまうと、子供をバイリンガルにするどころか、どちらも言葉も中途半端になってしまう可能性があるからです。

それはなぜなのか、理由と共に説明しますね。

 

第一言語の定義

まず、第一言語とはいったいどういうものなのでしょうか?

第一言語は最も得意な言語のことで、母語とも呼ばれたりします。母語というのは、母親などから小さい時に自然に習得する言語のことを言います。生まれてから日本に生まれ育ち、日本語だけの環境だったら母語も第一言語も日本語になります。しかし、両親が外国人と日本人のハーフの子供だったり、日日家庭で外国で育った子供だと、第一言語が日本語ではなくなる可能性が出てくるのです。その場合、母語と第一言語が異なってくる可能性も出てきます。

例えばうちの子供たちの場合、子供の時から私は子供たちに私の母語で第一言語であるフランス語で接してきました。うちの子供たちはフランス生まれ、フランス育ちの日仏ハーフです。子供たちの母語は日本語になるのですが、第一言語に関しては、フランス語か日本語になるだろう可能性があります。

 

第一言語と第二言語の違い

ところで、第一言語以外に第二言語というものを聞いたことがある人もいるかもしれません。第二言語というのは、第一言語以外に習得している言語のことになります。

日本で生まれ育ったら、学校で英語を学ぶことになりますが、それが第二言語。また大学などで、第二外国語を履修しなければなりませんが、それでたとえば中国語をとったとしても、それも第二言語になります。

つまり、第二言語は何か国語をマスターしたとしても、第一言語以外は第二言語になるわけです。つまり、バイリンガルだろうがトリリンガルだろうが、第一言語以外は第二言語になるというわけです。

 

第一言語の決定がバイリンガル教育を制す

第一言語を決定できないと、バイリンガル教育に支障があるというのは最初に話しました。というのも、子供のベースがどちらかがはっきりしないため、どちらの言語も中途半端になる可能性があるからです。

もしうちの子供のように今後もフランスでの生活がベースになるのだったら、フランス語を第一言語にして、きちんとフランス語をマスターさせ、その中で日本語教育をさせていくというのが、一番やりやすいバイリンガル教育かと思います。

しかし、あなたが私と同じような状況だとして、今後は日本をベースにしたいという考えもあるのだったら、フランスに住みながら、日本語を第一言語にするように教育していくということは可能です。

一番の問題は、どっちが第一言語なのかはっきりしないという状況です。

 

第一言語はいつまでに決める?

第一言語なのですが、小さい時はどれかわからないというのもあります。例えば、うちの子供たちがそうだったのですが、幼稚園に入るまで一日の大半は私と時間を過ごしていたので、日本語の方がフランス語より上手だったんです。

幼稚園に入学した3歳前後の段階では、フランス語を聞いて理解はできていたようですが、ほとんど話すことが出来ませんでした。

小学校に入り、学年が上がってくると、どんどん勉強も難しくなっていきます。そのころには、フランス語がどんどん上手になっていくので、第一言語がフランス語と日本語が反対になっていくと思います。

大体、中学や高校になってくると、将来のことも具体的に考えるようになる子も出てくるし、そのころには、第一言語が決まってないと、進学先や就職先で他より一歩遅れをとる可能性もあります。

つまり、遅くとも小学校半ばくらいまでには、第一言語をしっかりと決めておいた方がいいですね。

 

まとめ

第一言語についてまとめました。

第一言語は、一番得意とする言語のことで、バイリンガル教育では、第一言語をどうするか、迷ってしまう人も多いのですね。

もちろん、努力次第で、何歳からでもやり直そうとすることは可能なのかもしれませんが、でもやはり、きちんと周りについていくためには、遅くとも小学校半ばくらいまでには、どちらを第一言語にするかをしっかりと決めておいた方がいいですね。

参考にしてみてください。

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

バイリンガル教育の無料メルマガ始めました。

今なら子供と一緒に夢を叶える方法を見つける為のワークシートと

子供をやる気にする会話集をプレゼント🎁

まだ登録していない方は・・・ >>>> こちら からどうぞ!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

皆さんで交流出来る場があったらいいなと思い
世界中のママが集まる参加無料のfacebookページを作りました!

興味がある方の参加は・・・ >>>> こちら からどうぞ!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

質問のある方は
LINE@でどうぞ★

LINE@アカウントはこちら
@jdu6259l

Twitter : https://twitter.com/YMallier

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

\【無料メールレター】人生を二倍活きる方法/

◎オンリーワンのライフワークの作り方を順番に解説
◎自分の本当のあり方を見つける方法を紹介
◎強みの見つけ方や向き合い方を説明
◎何かを始めたいけど動けない人へロックを外す方法を解説
◎自分の幸せを考える方法を紹介
◎強み発掘やTwitterのプロフィール添削などの企画を配信

 

この記事を書いている人 - WRITER -
よっしー
\日本人はもっと自分らしく生きて/ 精神的&経済的に自由になりたい人を応援。 慣れずモヤモヤした海外育児生活からコーチングに出逢い、人生が一転しました。 子供のバイリンガル教育にも力を入れ、電子書籍も出版しました。 あくまでママが本業なので育児優先で仕事しています。 累計コンサルは150人以上。 ブログとTwitterでは日仏比較の人生論、仏式子育て、子供がやる気を出す声がけなどについてつぶやいています。 あなたが自分らしく生きるのを応援致します!
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© ヨシコーチング , 2018 All Rights Reserved.